ギャラリー」カテゴリーアーカイブ

第20回篠栗町長杯少年野球大会 開会式

2019-04-14 第20回篠栗町長杯少年野球大会の開会式を行いました。
篠栗町のカブトの森野球場にて、県内44チームが参加する篠栗町長杯の開会式が行われました。
若杉少年野球連盟13チームの選手たちが、参加チームの到着を出迎え、開会式に臨みました。
開会式では、チーム紹介とともに入場行進が行われ、各チームの選手たちは元気な掛け声をかけながらの入場でした。
( Photo by 粕屋レッドソックス)

2019年度開幕式・開幕戦

2019-03-09 連盟開幕式・開幕戦を行いました。

午前中の審判講習会に続き、2019年度の開幕式を執り行いました。
連盟所属13チームの選手達が、新たな体制で開幕式に臨みました。
まだ慣れていない新キャプテンや選手たち、この時期のほほえましい光景です。
今日から、リーグ戦、主催大会、いろいろな大会へ挑戦します。
これから1年、一日一日成長し、だんだんと凛々しい顔になっていく子供たちの姿を楽しみにしています。
さあ、開幕です。 各チームみんなで頑張っていこう!



2019年度 連盟審判講習会

2019-3-9 連盟審判講習会を実施しました。

連盟開幕にあたり、審判講習会を実施しました。
前半は篠栗クリエイト研修室にて、所属各チームの審判部長を対象に2時間の座学を行いました。
球審の基礎、動作の基礎のビデオを視聴し、中島連盟審判部長、西岡連盟審判副部長からの詳細の説明、連盟ルールの説明・今年度実施事項の取り決めを行いました。
後半はグランドに移動し実技です。
保護者の皆様も加わり、塁審の基礎、 ジャッジの基本を実施しました。
選手たちに協力してもらい、各塁審の位置取り動きを学びました。
今後も連盟全体の審判技術向上に努めていきたいと思います。

連盟母の会

2019-03-02 『 若杉少年野球連盟 第12回 母の会 』 が開催されました。

連盟所属13チームの選手たちのお母さん約100名が集まり、講演会・懇親会を行いました。
事務局長による連盟歴史の紹介・お母さん方の連盟・チームにおける応援体制等・連盟所属チーム指導者に対する今後のコンプライアンス強化についてなどの話がありました。
次に、とも整形外科スポーツクリニック アスレチックトレーナー 西銘さんによる『気づいてあげたい!子供の変化~成長期における投球障害と柔軟性~』の講演があり、子供たちの小さな変化を見逃さないコツ等を教えて頂きました。
短い時間でしたが、皆さん子供たちが体を壊さず、野球が出来るよう真剣に聞き入っていました。
最後に、今年度読売ジャイアンツのコーチに就任されました、連盟所属勢門ベアーズ出身の村田修一コーチのご両親によるお話がありました。
お母さん方より、プロ野球選手を育てられたご両親に対して、村田コーチの小学生時代の育て方や、野球に対する家庭での教え方、やる気の出させ方等々質問がありました。
講演会終了後は、懇親会です。 今回はトラットリア ナナクラさん。
会場でのシェフによる調理で、おいしいイタリアンで各チーム親睦を深めました。

学童野球ではお母さん方の協力なくしては成り立ちません。
連盟での活動をご理解いただき、ご家庭で、練習で、大会で、今後ともご協力お願い致したいと思います。





福岡県少年野球連盟 総会・指導者研修会

2019-02-11 福岡県少年野球連盟の第34回総会・第33回指導者研修会・懇親会が行われました。

西日本新聞社 天神スカイホールにて、県連所属の12連盟・142チーム・約300名の指導者が集まり、総会・指導者研修会・懇親会が行われました。
研修会では、県連初代会長の竹嶋名誉会長の基調講演『少年スポーツの正しい指導のために ~楽しいスポーツを目指して~』がありました。
終了後は各連盟・各チームとの懇親会が行われ、明日からの対外試合解禁での練習試合等のやり取りが行われました。
懇親会終了後は、連盟での懇親会に移動し、リーグ戦の組合せ抽選を行い3月の開幕に向け親交を深めました。
いよいよ、2019年開幕です!

宗像・玄海・若杉連盟 合同懇親会

2019-01-26 

全軟宗像支部学童部・玄海少年野球連盟・若杉少年野球連盟の3連盟合同での懇親会が、宗像市の
『国民宿舎ひびき』にて行われました。
福岡県連加盟の連盟として、日ごろからイエローカップやそれぞれの主催大会への参加など、垣根を超えた親睦を深めている兄弟連盟であり、野球を愛するものとして今後とも友好を深めていきたいという事で企画されました。
各連盟の会長挨拶、連盟ごとのチーム紹介等行われました。